FXレバレッジだけじゃない!投機を極める

投機家ってどんな人?

主に“市場価格の目先の変動のみ”を意識した短期取引で大きく売買差益を稼ごうとする行為を、投資と区別して「投機」と呼びます。

ただ、この「投機」と「投資」の区別は曖昧。
その違いに明確な定義があるわけではありません。

ですが「投資」よりも、より積極的にリスクをとった短期取引をさして「投機」と言い、そうした取引をする人たちを“投機家”と呼ぶのが一般的。

では具体的に「投機家」とはどんな人たちなのでしょうか。

「投機家」とは、投資家同様に株式や債券、通貨や商品といったものに資金を投じて利益獲得を目指す人たちのこと。ただ、「投機」と「投資」の間に明確な線引きがないように、「投機家」と「投資家」の使い分けにもハッキリとした定義があるわけではなく、取引スタイルが投機的な人に対しても「投資家」という肩書が使われることは珍しくありません。

そのため“配当や利息ではなく、売買差益の獲得を狙った短期取引を実施している人たちをさして「投機家」と呼ぶことがある”…という程度に思っておいていただけばいいでしょう(とりわけ、一気にドカッと稼ぐことを目的に、株のデイトレードや秒単位でのFX取引といったハイリスクな短期取引に取組む人を投機家と呼ぶことが多いですね)。

さて、こうした「投機家」たちですが…
良いイメージで語られるのを聞いたことがナイという方も多いのでは?

それは、短期間で大きく稼ごうとする「投機家」の動きこそ“株や通貨の市場を不安定にさせる大きな要因だ”との見方が市場に強く存在しているためです。アナリストなども、たびたび「投機家の動きが市場の混乱を引き起こしている」といったことを言っていますよね。

“利益が狙えそう”な匂いを嗅ぎつけるとドっと集まってくる「投機家」!

市場には、儲けのみを貪欲に追い求める彼らの投機マネーが「相場の過剰な高騰」を生み、さらにはそれが原材料・商品価格の上昇などを招くとの見方が根強く、ゆえに相場が荒れるたび「投機家」が槍玉に挙げられることになるわけです。
ただ「投機家」の旺盛な売買意欲が相場の下支えとなるなど、むしろ投機が相場の活気を生む場合もあることから「投機家=悪者」と安易に決めつけるべきではないでしょう。

しかし…「投機家」をどう見るにせよ、彼らの動きが市場に大きな影響を及ぼすのは事実! 

よって、株取引やFXなどで稼いでいこうと考えているのであれば、(ご自身が投資・投機どちらをするに関わらず)この「投機家」の動きには一定の注意を向けていくべきですね。

「投機家」が何を判断材料として、何を考え、どう動いてくるか…
市場で大きな存在感を放つ「投機家」の動きを意識することは、相場の予想精度の向上に大いに役立ちますよ!